こんにちは!
一気に気温が下がってお店の制服も
半袖で行こうか長袖で行こうか迷ってしまう時期ですね。
お客さんはもちろん、スタッフ内でも
体調を崩す方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は薬と一緒に併売が期待できる
マスクや除菌アイテムなど細かい商品を効率的に陳列できる
陳列方法をご紹介していきますよ!

どんなお店でも必ずある、お店の柱。
実は棚と棚の間や、売り場の真ん中に柱が来ることで、
端の棚から始まって次の棚を順番に見ていく、
というリズムが切れてしまい途中でお客さんが違う場所を見に行ってしまう
という事態が起こりやすくなってしまいます。

「順番に見てもらえればこの商品、絶対買ってもらえたのに・・・・」
という事態を避けるために効果的な陳列が「柱スペース陳列」です。

柱スペースは広くて大きいスペースの確保が簡単にできるので
上手く使うとかなり有効的な売り場空間にすることができます。

1

2

売り場を活かす陳列&MD
2018.06.15.金

「フェイシング陳列」で売り場を魅力的に!

こんにちは!
ついに梅雨入りが発表されましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?
まだ6月ですが、すでに暑い日が続いていてレジ中など熱くて大変かと思いますが
しっかり水分補給しつつ頑張りましょう!

暑くなってくると涼しくなる夕方以降はだんだん混むようになってきます。
混んでいて品出しが追いつかない…
そんな皆さんにフェイシングについてご紹介していきます!
6月更新分_1

売り場には本社から送り込まれてきた商品や、
お客さんから頼まれて取り扱うようになった商品など
色々な商品が並んでいますよね。

ですが、すべての商品が均等に売れている訳ではなく、
どうしてもなかなか売れない商品もあります。

売り場でよく売れる商品のことを「売れ筋」、
なかなか売れない動かない商品のことを「死に筋」と分類していて、
「死に筋」商品が棚にいつまでもあると
「売れ筋」商品を置けるスペースが少なくなってしまい、
陳列数が少なくなるため品出しの回数が増えてしまいます。

特に忙しい夕方などは品出しが追いつかず品切れ状態になってしまい、
「買いたいのに商品がなくて買えない…」というお客さんもいるかと思います。
そんな販売のチャンスを逃さないためにも、「死に筋」商品の陳列スペースを狭くして
「売れ筋」商品のフェイスを多くとることが重要になります!

6月更新分_2

「売れ筋」商品のフェイスが少なく、品切れが続くと
お店全体の品薄感が目立ってしまい、商品の魅力も下がってしまいます。
その時々の売れ行きに応じてこまめにフェイシングをすることで商品の魅力を
しっかり伝えることができる売り場になりますよ♪

というわけで今回は陳列量を調整して売り場を魅力的にする、
「フェイシング陳列」についてでした!
じめじめする梅雨で気分が下がりがちですが、
素敵な売り場演出でお客様を迎えていきましょうね♪

桜も散り初め、すっかり春の陽気ですね!

春といえば別れと出会いの季節…
新しいことをするにはもってこいですね♪♪
「何か売場で新しいことがしてみたいな・・・」
と思っている方に今回はぴったりな陳列方法をご紹介致します!


「プロモーション横やレジ横など、什器やオリコンはないけど
スペースが空いているし、なにか有効活用できないかしら・・・」
そんな風に感じたことはありませんか?

1

そんな時におすすめなのは納品時の段ボールを使った陳列方法です。
お金がかからない身近な素材でできる+手軽にお買得感を出すことができるので、楽ちんなのにとっても効果的な陳列方法です。

やり方はとっても簡単♪

売り場を活かす陳列&MD
2017.03.02.木

季節に合わせた陳列で季節感のある売り場を作ろう!

寒い毎日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
寒いけどなんとなく暖かい・・・そんな春が近づいている空気ですね♪

今回はそんな季節を表現するのにぴったりな陳列テクニックをご紹介致します!


ドラッグストアやホームセンターなどの売り場に行くと、なんとなく
その時の季節に会った雰囲気があるな〜と感じることはありませんか?
実はそれもひとつの陳列テクニックなんです!

売場で「季節感」を出していくことでお客様に季節商品の提案や、
今までなんとなくフィーチャーされていなかった商品が売れるきっかけになるため
とっても大事なポイントになってきます。

。◯(でもどうやって「季節感」を売場で出していくの・・・?)

と思っているそんなあなたに分かりやすく解説していきます!


まず1番分かりやすく簡単に「季節感」を表現できるものは「色=カラー」です。
下記の図が“人が季節感を感じる”色の表です。

売り場を活かす陳列&MD
2016.12.27.火

季節や天気を意識した陳列で、売り場にメリハリ

あっという間に2016年も終わりですね…!
最近寒い日が続き、ノロやインフルエンザが流行っていますが皆さん体調など崩されていないでしょうか?

今回は季節やお天気を味方につけることができる陳列について解説していきたいと思います!

まずはお天気を考えた陳列についてです。
毎日変わるお天気ですが、晴れの日と雨の日ではお客様が求めている商品が違います。

■晴れの日

お客様が来店しやすい。
かさばる大きいものも持って帰りやすいので売れる。

■雨の日

お客様の来店率が低い。
雨関連の商品が売れる。

このようにお天気ひとつとっても売れる商品は全く違うんです!

晴れの日には入り口に紙類や日用雑貨を出して展開する。
雨の日には入り口に傘売り場を持ってくる。横に関連商品として防水スプレー、レインコートなどを並べる。
ということを徹底することでお客様とっても求めているものを見つけやすい売れる売り場になります。
定番の棚でも一緒に並べて展開するとより効果的ですよ〜!

12-1


次に意識するポイントは、季節を考えた陳列についてです!
季節によってもお客様が求めている商品は変わってきます。
1年を大きく2つに分けて売れる商品をあげると下記のようになります。

■春〜梅雨→暑い

・ビール、清涼飲料
・レジャー用品
・紫外線対策用品

■秋〜初冬→寒い

・鍋物関連の商品
・寒さ対策商品(カイロなど)
・風邪関連商品

同じ商品でも気温の変化によって売れ行きは大きく変わります。
これらを意識して展開するとメリハリのあるお客様に寄り添った売場づくりになりますよ!

12-2

日々の展開はもちろん、お天気と季節、両方を意識した展開にすると
よりお客様にもお店にも嬉しい売り場になります。
是非お店で実践してみて下さい!

というわけで今回はお天気別陳列についてでした♪
2017年もよろしくお願い致します!

売り場を活かす陳列&MD
2016.12.02.金

人の目線に注目!陳列を考える際の重要テクニック

今回は陳列を考える上でとても参考になる人の目線を考えた陳列について解説していきます!

「Zの法則」でお客様の視線を狙い撃ち!

お客様が棚の前に立ったとき1番立ち止まる確率が高いのはどこか? 普段自分が買い物をする際の行動を思い返してみて下さい。 棚が一望できる真ん中部分で立ち止まることが多くありませんか?? 店の前で行ったり来たりしなくても良いよう、お客様は真ん中にストレスなく立ち止まることが多いんです! また、人の視線は左→右、上→下、に流れる傾向があるため、実は下記のような順番で商品を見ています。 図解、Zの法則。人の視線を意識した売り場をつくろう 目の動きが左上から始まって右下に流れるので、「Zの法則」と呼ばれています。 ポイントは「人の立つ場所」「Zの法則」の2点です! 目線の動きが分かったらどうなるの?と思った方。次の項目に進みましょう。

実際に売り場で人の目線を活かした陳列をしてみよう

では「人の立つ場所」と「Zの法則」を意識して実際に商品を陳列してみましょう! 売り場の商品で考えるとこのような商品配置がベストです。

売り場を活かす陳列&MD
2016.11.22.火

第7回食品売場研究所(二木のお菓子)

こんにちはえいひれ次郎です。 今回も流通紹介シリーズ! 隠れた名菓子を発掘し続ける、「二木の菓子」についてご紹介いたします。  

■二木の菓子とは

かつて林家三平師匠のCM『ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、二木の菓子!』でおなじみの、創業70周年を迎える老舗菓子の小売問屋です。 二木の菓子店頭の様子 店内を見ると、圧倒的な品揃えです。 駄菓子から、流行のお菓子まで幅広く取り扱っています。 そんな店内で、一際目をひくのが「地方菓子コーナー」。 なんと、売り上げの7割を占めているそうです。 なんでも、手作業などのこだわりを持つ中小のお菓子メーカーは、生産性やコストの観点から、大手流通への参入が難しいとのこと。 二木の菓子では、そんな地方のお菓子にスポットを当てることで、その味・品質の良さを多くの人にアピール。 これにより、大手メーカーとの類似商品による価格競争を避け、適正価格で販売することができるそうです。    

■商品愛に溢れた手作りPOP

そんな二木の菓子POPに注目してみると、 二木の菓子店頭POPイメージ 菓子バイヤー目線の、商品愛を強く感じるポップが書かれています。
売り場を活かす陳列&MD
2016.10.04.火

第6回食品売り場研究所(北野エース)

こんにちは。えいひれ次郎です。

前回キャッチコピーについてご紹介しましたが、今回は、おなじみの「流通比較シリーズ!!!」です!!

ご紹介するのは「北野エース」。
首都圏・関西圏を中心に78店舗(2016年8月25日時点)を展開するスーパーです。

 

■北野エースとは

syoku01

北野エースの特徴は、「品揃えの豊富さ」です。
カレーは何と約500種類!!!!!!
名物「カレー本棚」は圧巻です笑

他にも、味噌は約90種類・醤油は約150種類、ドレッシングは約170種類など、一般的なスーパーでは考えられないほどの種類が揃っているんです。

 

・地域に合わせた店舗づくり

店舗がある立地や環境・周辺に暮らす人達の文化や、生活スタイルに合った商品を豊富に揃えているので、1つとして同じ店がないんです。
たとえ一個でも「ほしい」というお客様の声に応える売り場づくりを進めているそう。

 

・ゆるいPOP

こだわりの商品が多く並ぶ店内には、POPも沢山設置されており、読んでもらう為の工夫として、脱力感のあるコピーやタッチが多用されています。

 

■北野エースの代名詞!「ゆるPOP」

それでは、POPに注目してみましょう。

みなさま、こんにちは。十文字誠です。
今回もお客様の“ついで買い心”をくすぐるヒントや売り場作りの情報をお送りいたします。

9月になり、ピークは過ぎたとはいえ、まだまだ暑い季節が続きますね。
そんな暑い中、流行りのポケモンGOのために街中へ繰り出し足を酷使された方も多いのではないでしょうか。
実は私も流行りものにはめっぽう弱く、普段あまり歩かないからかポケモンGOによって足を痛めた一人です。流行りのポケモンGOに乗らなくても足のトラブルに悩む方は結構多いのが現実。
今回は足元ケアと称して、足のトラブル解消商品でクロスMDを考えてみたいと思います。

 

足に潜む最強の敵、水虫。

足のトラブルといえば何といっても水虫でしょうか。
男性に多いと思われがちな水虫ですが、実際には男女比は5対5。男女関係なくかかる病気なんです。

カビの一種の白癬菌(ハクセンキン)が皮膚の角質層に寄生して起こるのが水虫で、靴や靴下を履いて足が蒸れ高温多湿になり繁殖します。生命力がとても強く、はがれた角質の中でも生き残るほど。それを他の人が素足で踏んでしまい放置しておくと…水虫がうつってしまいます。
高温多湿になる梅雨頃から活動が活発になり増殖します。初期ならまだ治りやすいですが、そのまま放置しておくと爪やかかとにまで水虫が広がり治りにくくなります。高温多湿と聞くとどうしても夏場を思い浮かべるかもしれませんが、靴の中、靴下の中は寒い時期でも乾燥しているとは限りません。
特に女性はブーツ、しかも、ムートン生地やロングブーツなど、男性と比べると足元は菌が喜ぶ環境かもしれません。
冬場も菌は死なず年を越して次の夏にまた菌が大暴れ…なんて事がおおいにある訳です。

160415_CrossMD_8

・水虫対策

先にも書きましたが、女性にも隠れ水虫患者が多いのが現実。
ただ、女性が「水虫コーナー」で薬を買うのは恥ずかしいものですよね。
ここはひとつ「フットケアコーナー」として水虫薬を陳列してあげれば女性客の購買促進に繋がるかもしれません。水虫薬には色々な剤型が揃っています。

クリームタイプでしたら大正製薬「ダマリン」、ノバルティスファーマ「ラミシール」、第一三共ヘルスケア「ピロエース」などがあります。
液状タイプでは久光製薬「ブテナロック」、ラクール薬品「メディータム」、中外医薬「テルバイン」。スプレータイプはロート製薬「メンソレータム」、小林製薬「タムチンキ」と各社多様な商品が揃っています。

お客様の症状に合わせて選びやすい売り場作りを心がけましょう。

 

・その他いろいろ、足の悩み
売り場を活かす陳列&MD
2016.07.29.金

ミスマッチ陳列に注意! 陳列の並びに注意しよう。

店頭の陳列テクニックをお披露目する「コツコツ陳列のコツ」。
第1回グルーピング陳列や、第3回ゴールデンゾーンで、棚にどの商品を陳列していくのか、だいたい方向性は掴めましたでしょうか。

さて今回は、やってしまうと損する、ミスマッチ陳列について解説していきます。

 

要注意①.商品イメージに気をつけよう

まずは商品のイメージに注目してみましょう。
たとえば、高級シャンプーと安物シャンプーを隣り合わせで置いてませんか?
高価と安価が並んでいると、見ている人にとって得のある安価側にイメージが引っ張られます。
つまり、高級品なのに安いイメージが付きます。
具体的には、安価品のはずなのにあまり価格が安くない→買うのをやめよう、という思考が働き、高級シャンプーの売り上げが落ちます。
ですので、価格の違いすぎる商品を隣接させるのをやめるか、スペースの関係で隣接する場合はツールなどではっきり分けてゾーニングしましょう。

高級品と安物を同じ場所に並べるのはやめましょう。

 

 

要注意②.購買層に気をつけよう

たとえば、
(1)シェービングクリームと生理用品が隣り合っている
(2)育毛剤と脱毛剤が隣り合っている
(3)おつまみと幼児用お菓子が隣り合っている

さて、それぞれ誰が買っていくと思いますか?