2015.10.06.火

棚の高さと幅に注目して陳列


商品を陳列する棚には、高さがあります。幅もあります。
どこにどの商品を置くのかで、お客様が買い物しやすいか、しづらいかが変わってきます。
当然、売上にも関わってきますので、この機会に売り場をチェックしてみましょう。

 

一目で見える位置はどこからどこまでなのか

 

お客様には色々なタイプがいます。
たとえば、隅々まで見て、良い商品がないかチェックする方。
買い物熱心なこのタイプは、商品をどこに置いても見つけてくれることでしょう。
でも、全員が棚の端から端まで商品を見てくれるのか?

答えはNOです。

大多数のお客様は、お目当てのコーナー以外は流し見で通り過ぎてしまいます。

さて、そういった方の足を止め、商品を手にとってもらう方法。
実はその重要な役割が、「陳列」に委ねられているのです。

 


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2021.10.20
寒い季節のぽかぽかアイテム

みなさま、こんにちは。十文字誠です。『暑さ寒さも彼岸まで』という言葉がありますが、今年は10月に入っても少々暑い日が続いているように感じます。個人的には寒い季節が苦手なので、このような暖かい日が続くのは嬉しいのですが…朝 …

2021.09.03
寝苦しい夜の快眠グッズ

みなさま、こんにちは。十文字誠です。8月も半ばを過ぎ暦の上ではもう秋となりましたが、まだまだ暑い日が続いております。最近では最高気温が30℃程度であればマシだと感じてしまうくらいに麻痺してきました。暑さのピークは越えたよ …

2021.06.22
梅雨のジメジメ〜気分だけでも爽やかに〜

 みなさま、こんにちは。十文字誠です。みなさまがお住まいの地域は梅雨入りしましたでしょうか。地域差はあるかと思いますが7月の下旬頃までしばらくは雨が多くなる日が続きそうです。急な雨に濡れてしまったり、ジメジメと纏わりつく …