2015.11.11.水

前進陳列~『品薄』『雑然』を吹き飛ばせ!~


売り場に商品をキレイに陳列し、整然な状態を作り出していざ開店。
努力の甲斐あってか、来店者数は上々の様子。商品もどんどん売れています。
さて、接客に会計に追われているうちに、気づけば品切れの商品が出ています。
また、品切れまではいかずとも品薄になりかけている商品もちらほらと。
品切れ、品薄は店舗が賑わっている証拠ではありますが……このままでいいのでしょうか?

陳列のコツ:店内の活気を保とう、商品前出し作業!

商品が1つ売れるということは、それまで商品が置いてあった場所に空きが1つ発生するということです。
つまり、売れれば売れるほど、陳列棚が凸凹になっていきます。
この状態が続くと、店内に活気が無い雰囲気が漂い、場が乱れたような図が生まれてしまうため、小まめに売り場を整理することが大事です。

では具体的にどう整理するのかと言いますと…。


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2021.09.03
寝苦しい夜の快眠グッズ

みなさま、こんにちは。十文字誠です。8月も半ばを過ぎ暦の上ではもう秋となりましたが、まだまだ暑い日が続いております。最近では最高気温が30℃程度であればマシだと感じてしまうくらいに麻痺してきました。暑さのピークは越えたよ …

2021.06.22
梅雨のジメジメ〜気分だけでも爽やかに〜

 みなさま、こんにちは。十文字誠です。みなさまがお住まいの地域は梅雨入りしましたでしょうか。地域差はあるかと思いますが7月の下旬頃までしばらくは雨が多くなる日が続きそうです。急な雨に濡れてしまったり、ジメジメと纏わりつく …

2021.04.23
クロスMDの実態に迫る!Part.2

 みなさま、こんにちは。十文字誠です。前回ご覧いただきましたクロスMDの実態に迫る!Part.1と称しましたアンケート結果の後半戦をお送りいたします。皆様の店舗での売り場づくりの何かしらのヒントになれば幸いです。【Q6】 …