2015.11.11.水

前進陳列~『品薄』『雑然』を吹き飛ばせ!~


売り場に商品をキレイに陳列し、整然な状態を作り出していざ開店。
努力の甲斐あってか、来店者数は上々の様子。商品もどんどん売れています。
さて、接客に会計に追われているうちに、気づけば品切れの商品が出ています。
また、品切れまではいかずとも品薄になりかけている商品もちらほらと。
品切れ、品薄は店舗が賑わっている証拠ではありますが……このままでいいのでしょうか?

陳列のコツ:店内の活気を保とう、商品前出し作業!

商品が1つ売れるということは、それまで商品が置いてあった場所に空きが1つ発生するということです。
つまり、売れれば売れるほど、陳列棚が凸凹になっていきます。
この状態が続くと、店内に活気が無い雰囲気が漂い、場が乱れたような図が生まれてしまうため、小まめに売り場を整理することが大事です。

では具体的にどう整理するのかと言いますと…。


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2021.03.10
クロスMDの実態に迫る!Part.1

みなさま、こんにちは。十文字誠です。今回は皆様にご協力いただいておりますてんとうむしアンケートを用いてクロスMDの実態調査をしてみました。全13問を36名の方々にお答えいただきました。ご協力いただきました皆様、本当にあり …

2020.12.25
ドラッグストアにおける食品のついで買いを狙え!

 みなさま、こんにちは。十文字誠です。今回もお客様の“ついで買い心”をくすぐるヒントや売り場作りの情報をお送りいたします。  2020年もあっという間に年の瀬。今年はコロナ一色の1年と言っても過言ではない年となりました。 …

2020.10.22
それって風邪?インフルエンザ?新型コロナウイルス?寒くなってくる季節の需要を取りこぼすな!

みなさま、こんにちは。十文字誠です。今回もお客様の“ついで買い心”をくすぐるヒントや売り場作りの情報をお送りいたします。  10月に入り寒くなってきましたね。富士山の初冠雪のニュースや、北海道や東北の山沿いからは降雪のニ …