2015.04.08.水

ジャンブル陳列にチャレンジ!


足元はもう一つのゴールデンゾーン!?

売場のゴールデンゾーンといえば、お客さまの目線の高さに注目しがち。でも実は、足元のスペースにこそチャンスあり?!今回はお客さまの視線が集まる足元の展開について解説します!

PS403

ジャ ンブル陳列とは、カゴやワゴンなどに商品を入れてフロアに置く陳列手法。投げ込み陳列とも言われています。都市型の店舗面積が狭い店舗で、商品展開スペー スを広げたい時などによく見られる手法ですが、ジャンブル陳列には都市型店舗以外でも挑戦したくなる利点があります。

PS404
一般的にゴールデンゾーンは目線の15〜60cm下と考えられていますが、足元も意外と視線が
集まる
もの。足元に「お?」と思う商品が置いてあると、お客さまは思わず手にとってしまいます。

PS405

PS406

お客様は、棚の高い場所には価格の高い商品が、低い位置には特売のものなど価格の安い商品が陳列されているように自然と感じます。本当は利率の高い商品も、ジャンブル陳列によってお客様にお得感を感じてもらえるかも!
PS407
このように、足下スペースを活用した陳列は大きなチャンスとなり得るのです。
では具体的にどのように陳列するのか見ていきましょう。


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2022.01.11
第6回 接客のPOPへの落とし込み方 音声(2)

今回は前回に引き続き、POPの接客要素についてお話します。前回の「音声」の続きとなります。前回の内容を簡潔にまとめると、プッシュ接客においてターゲットを絞って声がけをすると、カクテルパーティ効果で興味喚起ができますよ、と …

2021.12.10
第5回 接客のPOPへの落とし込み方 音声(1)

今回は第2回の続きとなります。第2回では接客の5要素のうち、POPが担えるのは「音声」「立体的」「情報提供」であると述べました。ひとつずつ見ていきましょう。今回はまず「音声」についてです。接客のスタートは音声によるコミュ …

2021.11.10
第4回 画像優位性効果とシミュラクラ現象

今回は、POPを制作する上で重要なふたつの事実をお伝えします。それは「画像優位性効果」と「シミュラクラ現象」です。   ■画像優位性効果とは? 人間は文字や言葉よりも画像を含んだ情報の方が理解度が高く、また記憶 …