2015.05.01.金

知ると深まるPOPの世界 そもそもPOPとは?


どうもー!!POP★Cornです♪

POPといえば衝動買い。衝動的の反対語は計画的。

ということで、このコーナーでは「POPで計画的に衝動買いを引き起こすにはどうしたらいいか?」について語らせていただきPOP!

そもそもPOPとは?

そもそもパゥッ!POPとは何だか知ってますか?
あ、いまのパゥッ!はキングオブポップへのオマージュです。
ですが、そのPOPとは違うんですよねぇ。

POPとは、Point Of Purchase advertisingの略。

Purchaseは「購買」という意味なので、「モノが買われるポイント」すなわちPOPは直訳すると「購買時点広告」となり、売場での購買動機づけを行うツールなのです。
購買動機づけって言葉がちょっと難しいですが、簡単に言うと「買いたい気持ちにさせる」ということ。
別に買う予定はなかったのに、POPを見てたらなんとなく欲しくなってつい買ってしまった経験、ありませんか?
それは、POPとしてはとっても良くできてると言えます。

セルフPOPの真髄

てんとうむしが提唱しているのは、ただのPOPではなく、「セルフPOP」と言われるPOPです。
売場を見渡してみてください。
いろいろなPOPがあると思いますが、そのPOP、何のために付けてるんですか?
ひとつずつ理由を説明できるでしょうか。
「メーカーが付けて行ったからそのままにしてる」「店長に付けろって言われたから付けてる」。
そんな理由でPOPを売場に放置してはいませんか?POPを付ける理由はただひとつ、「商品を売るため」です。
ブランド認知やコーナー作りのためのPOPも不要とは言えませんが、それは本来の目的ではありません。
「セルフ売場で商品が 勝手に売れる」
これが、POPの真髄であり、私たちはその役割を担うPOPを特に「セルフPOP」と呼んでいます。
セルフPOPとは、ただのにぎやかしの装飾物ではなく、あなたの代わりに接客販売をしてくれるツール」なのです。

「きちんと接客して買い上げ点数を上げなければならない」
というのはどこのお店でも課題だと思います。しかし、ただでさえ人手が足りない中で、逐次漏らさず接客をしていくのは現時的に困難です。
また、セルフ売場においては接客を嫌がるお客さまもいらっしゃいます。そんなとき、POPが勝手に語りかけてくれて、自分の代わりに商品を売ってくれたら、こんなに楽なことはないですよね。「セルフPOPは自分の分身」と思ってPOPを作ると、思い入れがグッと高まること間違いナッシング!!今回のPOP★Corn語録

POPはあなたの代わりに接客をしてくれる、自動販売ツールだPOP!

   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2022.06.10
【番外編】 AIロボットと人の共同接客の未来

こんにちは。本日は、ちょうどタイムリーなニュースが入ったので一旦本編を外れて番外編とさせていただきます。日本経済新聞 2022年5月9日の記事です。未熟な接客ロボ、人が補う サイバー・阪大が100体実験https://w …

2022.05.10
第10回 POPのABCDE(1)Authority(威光)

前回はPOPが行える情報提供には5つの役割がある、その頭文字はABCDEだということをお伝えしました。今回は、その最初にあたる「A」の「Authority(威光)」についてお話します。威光というと聞き慣れないかもしれませ …

2022.04.13
第9回 接客のPOPへの落とし込み方 情報提供(1)

今回は、接客からPOPに落とし込める要素のうち、3つ目の「情報提供」について考えていきます。情報提供は特にPOPが得意としている機能ですが「何をどう伝えるか」は非常に重要なポイントとなります。来店者が売場で商品を手に取る …