2015.03.08.日

POPの書き方を考えよう!


ドラッグストアのセルフ売場(非接客)で客単価を上げるためには、手書きPOPは必要不可欠のツールです。「売れる手書きPOP」の第一歩は、スタッフが自分の言葉で 手書きPOPを書くことです。しかし、「とにかくなんでもいいから手書きPOPを作れば良い」というわけではありません。そのための手法を紹介します!

お客様の気持ちになって手書きPOPを作ろう!

pps02
今 回は空想上の商品「お肌うるおいジェル」を使って実際に手書きPOPの考え方の行程を順序立てて説明していきます。手書きPOPを書くとなるとハードルが高いように感 じて、手書きPOPを書く事を遠ざけていた方にとっては、まさに朗報!行程を細かく分けてみて見ると実は難しい事は何ひとつしていませんでした。
pps03
pps04

pps05

 


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2021.10.14
第3回 リアル接客の本質

前回のエントリを書いた後、少し考えていました。前回は人によるリアル接客の要素を「音声」「立体的」「情報提供」「インタラクティブ」「半強制的」の5要素にまとめたのですが、これは実はすべてインターネットでも代替できるのでは? …

2021.09.08
第2回 接客を分解してPOPに落とし込もう

前回は、「POPは店員さんの分身」「接客を自動化するツール」ということを述べました。今回はその先を少し深堀りし、「そもそも接客とはなにか?」「接客をPOPにするってどうすればいいのか?」ということを考えていきたいと思いま …

2021.08.11
第1回 POPとはなにか?

このコーナーでは、POPをマーケティング的視点から解説していきます。第1回はまず、基本中の基本として「POPとはなにか?」を考えていきたいと思います。そもそも、「POP」はなんの略語かご存知でしょうか?答えは「Point …