2016.07.29.金

ミスマッチ陳列に注意! 陳列の並びに注意しよう。


店頭の陳列テクニックをお披露目する「コツコツ陳列のコツ」。
第1回グルーピング陳列や、第3回ゴールデンゾーンで、棚にどの商品を陳列していくのか、だいたい方向性は掴めましたでしょうか。

さて今回は、やってしまうと損する、ミスマッチ陳列について解説していきます。

 

要注意①.商品イメージに気をつけよう

まずは商品のイメージに注目してみましょう。
たとえば、高級シャンプーと安物シャンプーを隣り合わせで置いてませんか?
高価と安価が並んでいると、見ている人にとって得のある安価側にイメージが引っ張られます。
つまり、高級品なのに安いイメージが付きます。
具体的には、安価品のはずなのにあまり価格が安くない→買うのをやめよう、という思考が働き、高級シャンプーの売り上げが落ちます。
ですので、価格の違いすぎる商品を隣接させるのをやめるか、スペースの関係で隣接する場合はツールなどではっきり分けてゾーニングしましょう。

高級品と安物を同じ場所に並べるのはやめましょう。

 

 

要注意②.購買層に気をつけよう

たとえば、
(1)シェービングクリームと生理用品が隣り合っている
(2)育毛剤と脱毛剤が隣り合っている
(3)おつまみと幼児用お菓子が隣り合っている

さて、それぞれ誰が買っていくと思いますか?

 


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2020.09.02
冷やしクロスMD〜挑戦的な商品陳列 2〜

みなさま、こんにちは。十文字誠です。今回もお客様の“ついで買い心”をくすぐるヒントや売り場作りの情報をお送りいたします。  いまだに新型コロナウイルスのニュースがテレビから流れてくる日々が続いておりますが、それと同様に猛 …

2020.06.30
冷やしクロスMD〜挑戦的な商品陳列〜

みなさま、こんにちは。十文字誠です。今回もお客様の“ついで買い心”をくすぐるヒントや売り場作りの情報をお送りいたします。  全国的に緊急事態宣言が解除され、街中にも人出が戻ってきました。それに合わせて1日の感染者数は増減 …

2020.04.22
新型コロナウイルス需要の考察

 はじめに、新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、及び関係者の皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。また、感染症防止にご尽力されている皆さまに、謝意を申しあげます。  二ヶ月前に前回の記事を書いたタイミングからは想像 …