2017.03.21.火

シニア向け商品の代理購入者にもやさしい売り場づくり


東京は桜の開花宣言がされた日に雨が降り、冬並みの寒さとなりました。
本格的な春の訪れにはもう少し時間がかかりそうです。
筆者は花粉症なので、暖かく明るい春の日差しが待ち遠しい反面、
憂鬱な日々が増えることを思うと悩ましいのですが…。

今回は前回に引き続き、シニア向けの売り場づくりについて
「てんとうむしアンケート」を元にして現状を見てみます。

■シニア層の来店は午前中が多い?

senior3_2

半数以上で、平日の午前中と回答されています。
これに休日の午前中、年金支給日も合わせると60%以上となり、
郊外店に限定すると75%にのぼります。
みなさんの店舗でも同じような印象かと思います。

前回も触れましたが、店内に設置するイスを増やしたり、
簡単に設置や撤去ができるフロア什器や移動棚を使って午前中限定で
シニア向けに商品を陳列するというのも有効かもしれません。

生活サイクルや身体的な衰えを考えると、確かに明るい内に買い物を済ませるというのは
納得できる結果ではあります。
ただし、このアンケート結果は「シニア向け商品が最も売れる」時間帯であって、
必ずしも「シニア層が最も来店する」時間帯ではありません。


■誰が買いに来るのか

   

こちらの関連記事もオススメです。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2019.07.30
「シニア層が増えていくことと販促」について改めて考えてみる(3)

ドクターちんあなご(以下:D):さあ今回もドラッグストア好きの芸能人がステマしそうな商品の販促物や手書きPOPといった装飾や売り場づくりを考えつつ、最近世間を騒がせたニュースをお伝えする、「てんとうむし的芸能ニュース」の …

2019.06.25
「シニア層が増えていくことと販促」について改めて考えてみる(2)

ドクターちんあなご(以下:D):こんにちは。令和元年のドラッグストアの販促物や手書きPOPなどの装飾を含めた売り場と、山ちゃんと蒼井優の結婚について考えるコーナーがやってまいりました。 助手1号(以下:助):え…まだひっ …

2019.06.04
「シニア層が増えていくことと販促」について改めて考えてみる(1)

ドクターちんあなご(以下:D):はい!始まりました!今月の「ドラッグの店をよく利用する有名人」のコーナー!! 助手1号(以下:助):ハイ違います!ドラッグストアのシニア向け商品の売り場の装飾や手書きPOPをはじめとした販 …