2019.03.07.木

おむつサンプル問題 解決編3


ドクターちんあなご(以下:D):ぶえーっくし!!最近くしゃみが止まらんわい…。

助手1号(以下:助):おや…ハカセ、ついに花粉症デビューですね!!ドラッグストアが花粉症の販促物や手書きPOPで賑やかな季節ですしね!ちなみに私のオススメの鼻炎薬は…

D:カーッ!ペッッ!!待てーい!そこの若造!!

助:な…なんですか?急に…。

D:その、くしゃみしたり鼻水すすってるだけで「ついに花粉症ですね!」とか喜々としてニヤニヤする花粉症の奴特有のそれ、なんなんじゃ気持ち悪い!タチの悪い新興宗教か!

助:ええ~?別にいいじゃないですか。ツラい花粉症ライフも楽しんで乗り越えた方が絶対にいいですし。
早めに対策した方がいいですよっていう親切心じゃないですか~。ホラ、こんなの楽しそうでしょ?

kafun

D:たわけ!余計なお世話じゃ!だいたいこんなヤツおらんわ!対策万全か!!某フリー素材が面白いから使いたいだけじゃろ!
それに花粉症もそうじゃが、あとインフルエンザじゃ!ちょっと具合悪いだけで「インフルじゃない?」ってニヤニヤして言ってくる奴!
なんなんじゃ気持ち悪い!怪しいオンラインサロンの勧誘か!インフルって略すな!

助:いや、例えもよくわかりませんがそれは検査した方がいいでしょ…。

D:それがじゃ、検査したらインフルエンザじゃったのよ。見事に。そしてワシは花粉症なんじゃよ。インフルからの花粉症が毎年の恒例行事となっててな…へっくし!!

助:…ハカセみたいに何にでもイチャモンつける人は、もはや現代病ですよね…。

D:失礼な!とりあえず批判しとけ精神で他人事に首を突っ込んだり、ツイッターですぐに揚げ足取って絡んでブロックされたり炎上は祭りだと思って騒いだりしてるくらいじゃ!

助:いや、それを現代病だと言ってるんですが…はっくしょい!!

D:おや?それインフルじゃないかの?熱はない?それじゃついに花粉症デビューじゃな!きっとそうじゃな!お祝いじゃ!!

助:……。


■「セルフで取らせない」という選択

D:これは前回の提案のように“エンドなんか使えんわい!”というお店の方にオススメじゃ。

助:えーと…どういうことですか?セルフで商品を買ってもらうことで接客時間を減らし、店員さんの負担を軽減することが、POPの役割のひとつですよね?それをセルフで買わせないとは…?

D:セルフで「買わせない」のではない。「取らせない」のじゃ。
大人用おむつの直接の購入者は、本人だけでなくやはり代理購入も多いが、今後特に、代理購入者も高齢化してくるじゃろ?そうなると重くて大きい商品を棚から取るのはひと苦労じゃから、引っ張ってカートやカゴに落としたりすることもある。その時に商品の袋をひっかけて袋が破れたり、販促物を壊したりしてしまう恐れがある。

助:そうですね…高い位置にある場合は特に困りますね。

D:であれば、お客さんの代わりに店員さんが取るようにすればいいんじゃ。

助:まあそうですが…忙しいのに毎回接客して手伝ってたら大変ですよね…。

D:そこじゃ!接客は最小限にして、商品を棚から取るのを手伝うようにすれば、そこまで時間を取られることもない。
ある程度低い位置にあるものは、自力でも取りやすいから、高い位置にある商品と、実は意外と取るのがしんどい最下段の商品、このあたりの商品を前回出てきたようにナンバリングして分類し、それぞれの数字に対応したカードを用意するのじゃ。
名付けて「お声がけくださいカード」じゃ!!


■「お声がけくださいカード」の設置

   

こちらの関連記事もオススメです。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2019.12.03
「シニア層が増えていくことと販促」について改めて考えてみる(7)

助手1号(以下:助):みなさんこんにちは。ドラッグストアのシニア売り場を手書きPOPや販促物といった装飾などから考えていく「シニア対策のススメ」です。日中暖かい日はありますが、朝晩の冷え込みが冬の訪れを予感させ… ドクタ …

2019.11.01
「シニア層が増えていくことと販促」について改めて考えてみる(6)

ドクターちんあなご(以下:D):毎度おなじみ流浪の番組、タモリ倶楽部のお時間がやってまいりました。お相手は今日も遅刻のこの方… 助手1号(以下:助):安齋さんじゃないです。遅刻もしていませんし。手書きPOPや販促物といっ …

2019.10.01
「シニア層が増えていくことと販促」について改めて考えてみる(5)

ドクターちんあなご(以下:D):こんばんは。普段はドラッグストアで手書きPOPや販促物で売り場の装飾に日夜奮闘なさっているカリスマ店員のみなさんをパネリストに、政治について一晩中激論を交わす、朝まで生ちんテレビの時間がや …