2016.09.09.金

実践POPロジック④〜 「禁止」の魔力!カリギュラPOP!!


今回は、即実践できる表現テクニックをお伝えします。

「決して振り返らないでください」「夜中に一人で見ないでください」。
こう言われると、興味がそそられて逆にやってみたくなってしまいませんか?
「一見さんお断り」のお店も入ってみたくなりますよね。禁止されればされるほど、より興味をそそられるこの心理現象を「カリギュラ効果」と呼びます。
ドラッグストアでも「薬剤師が不在のため、第一類医薬品の販売はできません」という掲示をよく見かけますが、「え??そんなに効果があるの?」と逆に気になってしまいます。これは広告テクニックではなく法律で禁止されているので、興味を持たれたところで本当に売れないのですが…。

今回はこの心理効果を使った販促手法を紹介しまPOP!

 

カリギュラPOPのポイント

ではさっそく、「カリギュラPOP」を作ってみましょう。
先ほどの第1類の例のように、薬の用法など「本当にやったらダメなこと」を強調しないように注意してください。洗剤などに「混ぜるな危険」と書いてあるものがありますが、これは本当にやったらダメなやつです。あえてそれをPOPにするぶっ飛んだ人もいないと思いますが笑。
カリギュラPOPは「本当はやって欲しいこと」をそのまま伝えずに、あえて禁止するのがポイントです。

 

popcorn01


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2022.09.13
第12回 POPのABCDE(3)Contents(中身)

前回に引き続きPOPのABCDEについて説明していきます。今回は3つめの「Contents」についてです。カタカナの「コンテンツ」という言葉はもはや一般化してますので、なんとなく意味がわかる方も多いと思いますが、簡単に言 …

2022.08.12
第11回 POPのABCDE(2)Benefit(利益)

今回は、ABCDEの2個目「Benefit」についてお話します。「ベネフィット」はカタカナ英語にもなっているので馴染みが深い人も多いと思います。この場合、誰にとってのベネフィットなのかというと、主語は消費者です。「その商 …

2022.07.12
【番外編】 レコメンドPOPでは理由が重要

今回もたまたま気になるニュースがあったのでご紹介します。日経MJ 2022/6/29最後の一押しは電子看板棚との距離で広告変化、購入促す トライアル、AI使いレコメンドhttps://www.nikkei.com/art …