2016.10.28.金

POPを書くには商品を知ろう!②〜「で、結局なんなの?」


急に寒いPOP!!

みなさんお風邪などひかれてないですか??昨日熱いと思ったら今日は急に寒い。秋かと思ったら残暑になって、急に冬!
一体結局今はいつなの!!??POP??…って思いませんか?
なので、今回は、「で、結局なんなの?」について語らせていただくPOP!

 

みなさんがお使いの商品やサービスで、「ちょっと説明が難しい」というもの、ありませんか?
例えばワタシはAmazonのヘビーユーザーで、当然AmazonPrime会員なのですが、「AmazonPrimeって何?」と急に聞かれるとちょっと説明に困ってしまいます。「年額3900円の会費のプライムサービスで、お急ぎ便の送料が無料になるんだけど、他にもドラマとか映画が見れたり、音楽が聞けたり、本がタダで読めたり、写真をクラウドに無制限で置けたりいろいろあって…」と、なかなかわかりづらい説明になってしまいます。

たぶん、AmazonPrimeを知らない人からすると、「いろいろできるって言ってもそれぞれは中途半端じゃない?結局なにがいいの?」と思うことでしょう。
確かに「映画だけ」「音楽だけ」「本だけ」を見ると、専門サービスの方が充実していると思います。Amazonユーザーとしては月325円でここまでいろいろできると思うとお得感がハンパないですが、Amazonを使わない人にとってはよくわからないサービスとなります。

こう考えていくと、その商品やサービスを知らない人に「で、結局なんなの?」と聞かれたときに、いかに端的に、本質的な価値を説明できるか、というのがとても重要であることがわかります。選ぶのはお客様なのですが、その選択肢としての理解をどれだけ簡単に伝えられるかによって、顧客満足度が変わってきます。


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2022.05.10
第10回 POPのABCDE(1)Authority(威光)

前回はPOPが行える情報提供には5つの役割がある、その頭文字はABCDEだということをお伝えしました。今回は、その最初にあたる「A」の「Authority(威光)」についてお話します。威光というと聞き慣れないかもしれませ …

2022.04.13
第9回 接客のPOPへの落とし込み方 情報提供(1)

今回は、接客からPOPに落とし込める要素のうち、3つ目の「情報提供」について考えていきます。情報提供は特にPOPが得意としている機能ですが「何をどう伝えるか」は非常に重要なポイントとなります。来店者が売場で商品を手に取る …

2022.03.11
第8回 接客のPOPへの落とし込み方 立体感(2)

前回はリアル接客における立体感の重要性についてお話しました。今回は、その立体感をどうしたらPOPに転用できるかを考えていきます。まず平面と立体の違いを認識します。端的に言うと2次元と3次元の違いです。モニターで見るweb …