2017.05.16.火

インバウンド市場 第10回 九州番外編


こんにちは。白パンダです。

今回はインバウンド市場第10回ということで地方に目を向けて九州編をお届けします。
なぜ九州かというと、ほら、ワタクシ白パンダとしては故郷に近いし、、古巣のようなものなのです。

せっかくなので現地情報を少し。福岡の大宰府天満宮の様子をお送りいたします。
第9回でコト消費の情報をお伝えしましたが九州でもコト消費がすすんでいました。

モノ消費からコト消費へ。日本文化体験

1

本堂に続く参道の両脇にはたくさんの土産物屋がたちならんでいるのですが、その中にクール・ジャパンとして抹茶体験ができるスペースがありました。
中には畳敷きのスペースがあり着物のお姉さんが目の前でお抹茶を点ててくれます。
観光客と思われる見物人がお茶を振る舞われている様子を物珍しそうにみていました。
(余談ですがジェラート屋さんがなせか併設されていてジェラートも食べれます。)

他にも土産物屋に中国語、韓国語表記など。ガチャガチャの解説も。

2

太宰府は10年ほど前によくいっていましたが、以前はまったくインバウンド表記もなく周りも日本人ばかりだったので、当たり前のように中国人や韓国人が周りを歩いているという状況に改めてここ10年の変化を肌で感じました。

では実際九州でどれだけ訪日客が増えているというと、2006年に791,144人だったのに対し、2016年は 3,721,122人と。約4.5倍増えています。

▶九州への外国人入国者数の推移について
~2017 年 1 月(確定値)及び 2 月(速報値)~  - 国土交通省九州運輸局
※pdfファイルです。(385KB)

以前は豪華客船で博多港に団体で押し寄せ、百貨店やドラッグストアをまわるツアーをしていたのが、最近は個人旅行が増え、買い物ではなく観光や体験目当てにくる訪日客が増えています。
流行や興味は移り変わっていくでしょうがこれからも訪日客は増え続けるでしょう。

訪日観光客の動向にこれからも目を光らせて情報をお届けしてまいります。
因みに京都編や北海道編があるかは未定ですが、また足をのばして現場を見ていきたいと思っています!

   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2021.07.14
インバウンド市場第22回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響⑥

こんにちは。白パンダです。 今回もインバウンドに関する最近のニュースをお伝えしたいと思います。 ■オリンピック東京・千葉・埼玉・神奈川は「無観客」開催 オリンピックの開催が後数週間後に迫っています。 東京都の4度目の緊急 …

2021.04.14
インバウンド市場第21回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響⑤

こんにちは。白パンダです。 今回もインバウンドに関する最近のニュースをお伝えしたいと思います。 ■外国人観光客の受け入れ再開は2022年に持ち越し? 昨年10月時点、「政府は2021年春に受け入れ再開を見込んでいる」とこ …

2021.01.13
インバウンド市場第20回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響④

こんにちは白パンダです。 コロナ一色となった2020年、2021年も引き続きインバウンドにとって厳しい年になりそうです。 今回もインバウンドに関する最近のニュースをお伝えしたいと思います。 ■ビジネス関係者の入国を継続 …