2015.12.16.水

インバウンド市場 第4回


こんにちは高橋龍(ガオチャオロン)です。
国慶節(10月1日~7日)はいかがでしたでしょうか。
日本政府観光局(JNTO)の発表にもあるように、皆様の店舗も訪日客で賑わったことと思います。

2015 年 10 月の訪日外客数は、前年同月比 43.8%増の 182 万 9 千人で、これまで 10 月として過去最高だった 2014 年(127 万 2 千人)を 55 万 7 千人上回る。
今年 7 月の191万8千人に続き、単月としては過去 2 番目の数字となった。

参考URL – http://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/20151118_2.pdf
日本政府観光局(JNTO)

当初の見込みでは、2015年の訪日数は1,500万人でしたが、10月の段階で早くも1,500万人を超えています。
2015年は毎月100万人を切ったことはないので、年内に1,800万人を突破する見込みです。

 

 

訪日客は訪日前に購入商品を決めている

 

さて、今回は訪日中国人向けガイドブック「日本の窓」のお話です。

「日本の窓」は、FIT(個人旅行)客をターゲットにした本で、日本各地の観光スポットを紹介する旅行ガイドブックです。
主に上海、北京など主要都市を中心に中国本土で配布しています。

01

02

その「日本の窓」で日本製品を紹介する特集ページを監修しています。
今回は日本の窓になぜ特集ページを掲載するのかをご紹介いたします。

なぜ旅行雑誌で商品を紹介するかといいますと、訪日客は訪日前に、

・日本のどこに行くか。
・日本で何を購入するか。

を事前に決めているのです。
海外旅行に行かれた方はわかるかと思いますが、短い滞在時間で満喫するには訪日前の準備が大切です。
特に、爆買いする訪日中国人にとって、事前の購入リストアップは欠かせません。

株式会社プラネットの調査では、9割の訪日中国人がリストを用意していると発表されています。

「訪日中国人客の買物意識と行動に関する調査レポート」速報版を発表 – 株式会社プラネット
http://www.planet-van.co.jp/news/126_2015_0814.html

そこで、訪日前の訪日中国人に商品を知ってもらうため、ガイドブック「日本の窓」で日本の商品を紹介することになりました。

03

※画像クリックで拡大(pdf – 5MB)

 

また、特集ページで紹介した商品は、店頭で見つけやすいようにPOPも作成しています。
てんとうむしwebからもダウンロードできるようになっていますので、皆様の店舗で掲載商品がありましたら、ぜひPOPをご活用くださいませ。


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2021.10.21
インバウンド市場第23回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響⑦

こんにちは。白パンダです! パンダといえば上野の双子の赤ちゃんパンダの名前が「シャオシャオ」と「レイレイ」に決まりましたね! 無事に大きくなって、コロナが収まれば早く会いに行きたいものです。  まだまだ油断はできないもの …

2021.07.14
インバウンド市場第22回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響⑥

こんにちは。白パンダです。 今回もインバウンドに関する最近のニュースをお伝えしたいと思います。 ■オリンピック東京・千葉・埼玉・神奈川は「無観客」開催 オリンピックの開催が後数週間後に迫っています。 東京都の4度目の緊急 …

2021.04.14
インバウンド市場第21回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響⑤

こんにちは。白パンダです。 今回もインバウンドに関する最近のニュースをお伝えしたいと思います。 ■外国人観光客の受け入れ再開は2022年に持ち越し? 昨年10月時点、「政府は2021年春に受け入れ再開を見込んでいる」とこ …