2016.03.14.月

インバウンド市場 第5回


こんにちは高橋龍(ガオチャオロン)です。
今回は訪日観光客のうち、「ハラル」に関してお話していきます。
日本ではあまり馴染みのない言葉ですが、訪日客の増加に伴い、耳にする機会が多くなっているかと思います。

ハラルとは?

ハラルはアラビア語で「許可」を意味しています。
イスラム法において、普段口にする物や、身に付ける物全てが対象となり、
・許可されたもの(合法):ハラル(ハラール)
・許可されないもの(非合法):ノンハラル(ハラーム)
と、なります。

食品でいうと、アルコールや豚がイスラム教では禁止されていますので、これらの禁止されているものを含まないのがハラルになります。

ハラルとノンハラルの食べ物例

なぜハラル対応が必要なのか?

イスラム教徒の宗教人口は16億人で、1位のキリスト教22億人に次ぐ2位になりますが、2070年にはイスラム教徒とキリスト教徒がほぼ同数になり、2100年になるとキリスト教を抜いて1位になると言われています。

参考URL


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2020.10.16
インバウンド市場第19回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響③

こんにちは!白パンダです。 10月1日から東京もGOTOトラベルの対象に追加され、GOTOイートも順次開始されるなど、これまでより外に出るようになったという人も多いのではないでしょうか。 観光資源の国内消費が進む中ではあ …

2020.07.15
インバウンド市場第18回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響②

こんにちは!白パンダです。 緊急事態宣言が解除されて少しづつ日常が戻ってきている中ですが、インバウンド市場はまだまだビフォアコロナとは程遠い状況が続いています。   ■ドラッグストア売り場は国内消費メインに 5 …

2020.04.17
インバウンド市場第17回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響

こんにちは!白パンダです。新型コロナウイルスが猛威を奮っている中、経済活動や生活に様々な影響が出てきていますが、当然インバウンド市場も大打撃を受けています。まさかこんな年になるとは・・・今回はインバウンドという視点から、 …