2015.09.09.水

使用後をイメージしてみよう


みなさんこんにちは、丸めがねの「切り口/コピー講座」第六弾です。

前回はお客様の「悩み」をイメージしましたが、今回は「ベネフィット」、つまり“その悩みが解決してどうなるのか”をイメージさせるコピーを考えてみます。

もう少し詳しくベネフィットを解説しましょう。直訳すると「利益。恩恵」です。
利益の意味は「事業などをして得るもうけ」なので、「その商品を使うことにより得られるイイコト」ですね。
私の愛読するストラテジー&タクティクス社の佐藤義典さんの本のタイトル「ドリルを売るなら穴を売れ」は、まさに商品や機能ではなくベネフィットを売るべきことを明確に表していて、とても勉強になります。

ドリルを売るには穴を売れ
青春出版社 刊
佐藤義典 著

お客様には「穴をあけたい」というニーズがあり、その手段として「ドリル」を買いに来ているわけで、
極端に言うと「それがドリルじゃなくてもかまわない」ということです。
つまり、「きれいな穴があけられる」「短時間で穴があけられる」「大小の穴があけられる」というベネフィットを打ち出すべきなんですね。


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2017.07.11
切り口/コピー講座18 他商品と組み合わせてみよう

みなさんこんにちは、丸めがねの「切り口/コピー講座」です。 今回は、「他商品をコピーに組み合わせる」ことにより、その商品の魅力や特性を伝える方法をお伝えします。 テーマだけではわかりづらいですね。例えば、オーラルケアで考 …

2017.04.18
切り口/コピー講座17:シズルで表現してみよう

みなさんこんにちは、丸めがねの「切り口/コピー講座」です。今回は、「シズルで表現する」ことにより、購買意欲をそそる切り口を考えてみます。 とは言え「シズル?」という方も多いと思います。 お笑いコンビの名前ではございません …

2017.01.05
切り口/コピー講座16:流行に乗ってみよう

あけましておめでとうございます。 さて、本年第一弾の丸めがねの「切り口/コピー講座」です。今回は、「流行りに乗ってみる」ことと商品訴求と合わせることで、キャッチーになる切り口を考えてみます。   毎年年末に「流 …