2022.03.11.金

第8回 接客のPOPへの落とし込み方 立体感(2)


前回はリアル接客における立体感の重要性についてお話しました。
今回は、その立体感をどうしたらPOPに転用できるかを考えていきます。

まず平面と立体の違いを認識します。
端的に言うと2次元と3次元の違いです。
モニターで見るweb広告やテレビCM、紙面で見る雑誌広告などは
XとYの2軸による描写となり、平面的なクリエイティブとなります。
これに対し、Z方面に奥行きを持たせられると3次元となり、
立体的なクリエイティブを表現することができます。

image01

例えばバルーンや樹脂で作られたまさに「立体POP」は、
文字通り奥行きがあり、立体感があります。
売場にあるとひときわ目立ち、アイキャッチ効果は抜群です。
しかし、制作するのに多大なコストが必要なため、
気軽に作ることができません。

image02


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2024.05.14
AIでドラッグストアキャラクターズ【第6回 スプレちゃん】

こんにちは!キャラクターデザイナーのティラノくんです!このコーナーは今話題沸騰の生成AIの力を借りつつ、ドラッグストアで使えそうなゆるキャラのデザインをどんどん量産していこう、というコーナーになります。このコーナーで生ま …

2024.05.01
AIでドラッグストアキャラクターズ【第5回 ソープリィ】

こんにちは!キャラクターデザイナーのティラノくんです!このコーナーは今話題沸騰の生成AIの力を借りつつ、ドラッグストアで使えそうなゆるキャラのデザインをどんどん量産していこう、というコーナーになります。このコーナーで生ま …

2024.04.01
AIでドラッグストアキャラクターズ【第4回 ポピピル】

こんにちは!キャラクターデザイナーのティラノくんです!このコーナーは今話題沸騰の生成AIの力を借りつつ、ドラッグストアで使えそうなゆるキャラのデザインをどんどん量産していこう、というコーナーになります。このコーナーで生ま …