2022.03.11.金

第8回 接客のPOPへの落とし込み方 立体感(2)


前回はリアル接客における立体感の重要性についてお話しました。
今回は、その立体感をどうしたらPOPに転用できるかを考えていきます。

まず平面と立体の違いを認識します。
端的に言うと2次元と3次元の違いです。
モニターで見るweb広告やテレビCM、紙面で見る雑誌広告などは
XとYの2軸による描写となり、平面的なクリエイティブとなります。
これに対し、Z方面に奥行きを持たせられると3次元となり、
立体的なクリエイティブを表現することができます。

image01

例えばバルーンや樹脂で作られたまさに「立体POP」は、
文字通り奥行きがあり、立体感があります。
売場にあるとひときわ目立ち、アイキャッチ効果は抜群です。
しかし、制作するのに多大なコストが必要なため、
気軽に作ることができません。

image02


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2022.11.09
第14回 POPのABCDE(4)Difference(違い)(2)

今回は引き続きDifferenceについてお話します。同じような商品がひしめく定番棚において、どうしたら違いをわかりやすく伝えられるか。ここは消費者目線で考えてみます。ドラッグストアになんの目的もなくふらっと立ち寄ること …

2022.10.11
第13回 POPのABCDE(4)Difference(違い)(1)

前回に引き続きPOPのABCDEについて説明していきます。今回は4つめの「Difference」についてです。「ひとつのカテゴリに付き1商品しか取り扱わない」というこだわりのセレクトショップでもない限り、棚にはどうしても …

2022.09.13
第12回 POPのABCDE(3)Contents(中身)

前回に引き続きPOPのABCDEについて説明していきます。今回は3つめの「Contents」についてです。カタカナの「コンテンツ」という言葉はもはや一般化してますので、なんとなく意味がわかる方も多いと思いますが、簡単に言 …