2021.09.08.水

第2回 接客を分解してPOPに落とし込もう


前回は、「POPは店員さんの分身」「接客を自動化するツール」ということを述べました。今回はその先を少し深堀りし、「そもそも接客とはなにか?」「接客をPOPにするってどうすればいいのか?」ということを考えていきたいと思います。

そもそも接客とはなんでしょうか?小売店においては「セルフだと売れない商品を直接的なアプローチで販売するための行為」と理解している人もいると思います。セルフで勝手に商品が売れるなら接客は不要だからです。しかし、このロジックだと「お店が商品を売るための行為」と主語がお店になってしまいます。マーケティングにおいては、常に顧客を主語にしなければならないという鉄則がありますので、私の解釈において接客とは「お客様がお悩みを解決するために必要とするコミュニケーション」となります。

また、マーケティングの鉄則として「顧客が欲しいものはドリルではない。顧客が欲しいのは穴だ」という考えがあります。「ドリルはどこですか?」と聞かれて「あちらです」と答えるのも接客の一つではありますが、顧客の課題をヒアリングした上で「その穴を開けたいならドリルよりもパンチの方がいいです」とよりよい解決方法に導いてあげることが接客の理想系となります。


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2022.06.10
【番外編】 AIロボットと人の共同接客の未来

こんにちは。本日は、ちょうどタイムリーなニュースが入ったので一旦本編を外れて番外編とさせていただきます。日本経済新聞 2022年5月9日の記事です。未熟な接客ロボ、人が補う サイバー・阪大が100体実験https://w …

2022.05.10
第10回 POPのABCDE(1)Authority(威光)

前回はPOPが行える情報提供には5つの役割がある、その頭文字はABCDEだということをお伝えしました。今回は、その最初にあたる「A」の「Authority(威光)」についてお話します。威光というと聞き慣れないかもしれませ …

2022.04.13
第9回 接客のPOPへの落とし込み方 情報提供(1)

今回は、接客からPOPに落とし込める要素のうち、3つ目の「情報提供」について考えていきます。情報提供は特にPOPが得意としている機能ですが「何をどう伝えるか」は非常に重要なポイントとなります。来店者が売場で商品を手に取る …