2021.09.08.水

第2回 接客を分解してPOPに落とし込もう


前回は、「POPは店員さんの分身」「接客を自動化するツール」ということを述べました。今回はその先を少し深堀りし、「そもそも接客とはなにか?」「接客をPOPにするってどうすればいいのか?」ということを考えていきたいと思います。

そもそも接客とはなんでしょうか?小売店においては「セルフだと売れない商品を直接的なアプローチで販売するための行為」と理解している人もいると思います。セルフで勝手に商品が売れるなら接客は不要だからです。しかし、このロジックだと「お店が商品を売るための行為」と主語がお店になってしまいます。マーケティングにおいては、常に顧客を主語にしなければならないという鉄則がありますので、私の解釈において接客とは「お客様がお悩みを解決するために必要とするコミュニケーション」となります。

また、マーケティングの鉄則として「顧客が欲しいものはドリルではない。顧客が欲しいのは穴だ」という考えがあります。「ドリルはどこですか?」と聞かれて「あちらです」と答えるのも接客の一つではありますが、顧客の課題をヒアリングした上で「その穴を開けたいならドリルよりもパンチの方がいいです」とよりよい解決方法に導いてあげることが接客の理想系となります。


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2022.11.09
第14回 POPのABCDE(4)Difference(違い)(2)

今回は引き続きDifferenceについてお話します。同じような商品がひしめく定番棚において、どうしたら違いをわかりやすく伝えられるか。ここは消費者目線で考えてみます。ドラッグストアになんの目的もなくふらっと立ち寄ること …

2022.10.11
第13回 POPのABCDE(4)Difference(違い)(1)

前回に引き続きPOPのABCDEについて説明していきます。今回は4つめの「Difference」についてです。「ひとつのカテゴリに付き1商品しか取り扱わない」というこだわりのセレクトショップでもない限り、棚にはどうしても …

2022.09.13
第12回 POPのABCDE(3)Contents(中身)

前回に引き続きPOPのABCDEについて説明していきます。今回は3つめの「Contents」についてです。カタカナの「コンテンツ」という言葉はもはや一般化してますので、なんとなく意味がわかる方も多いと思いますが、簡単に言 …