2015.04.13.月

接客における言語/文化のギャップ


中国人観光客に対する準備:その1

こんにちは。白ぱんだです。
上野動物園で本物のパンダを見て以来ハートをぶち抜かれ、
観光客に流されそうになりながらいつまでも写真をとっていた迷惑なやつです。
よく見ると目が怖いところもとってもきゅーと。

そんなパンダのふるさと中国からは、観光客が大量に押し寄せ、
免税店の強化など様々な業界でインバウンド対応が叫ばれるようになった昨今。

今回は店舗側としてどういった準備や心構えが必要なのか、知って役立つ情報や、
知らないと困る情報を発信していきます!

【コミュニケーションギャップを埋めよう!】

コミュニケーション・ギャップ(Communications Gap)という言葉をご存知でしょうか。
簡単にいうと、情報の発信者の伝えたいメッセージが受信者に上手く伝わらない事を言います。

もしかしたら訪日観光客への対応や、セルフコミュニケーションツールである
手書きPOPでもこちら側の意図がうまく伝わっていないかもしれません。

今回はそんな伝わり方の違いを幾つか例をあげてみてみます。


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2021.10.21
インバウンド市場第23回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響⑦

こんにちは。白パンダです! パンダといえば上野の双子の赤ちゃんパンダの名前が「シャオシャオ」と「レイレイ」に決まりましたね! 無事に大きくなって、コロナが収まれば早く会いに行きたいものです。  まだまだ油断はできないもの …

2021.07.14
インバウンド市場第22回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響⑥

こんにちは。白パンダです。 今回もインバウンドに関する最近のニュースをお伝えしたいと思います。 ■オリンピック東京・千葉・埼玉・神奈川は「無観客」開催 オリンピックの開催が後数週間後に迫っています。 東京都の4度目の緊急 …

2021.04.14
インバウンド市場第21回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響⑤

こんにちは。白パンダです。 今回もインバウンドに関する最近のニュースをお伝えしたいと思います。 ■外国人観光客の受け入れ再開は2022年に持ち越し? 昨年10月時点、「政府は2021年春に受け入れ再開を見込んでいる」とこ …