2016.09.19.月

インバウンド市場 第7回-新たな外国語POP(マレー/インドネシア語)ダウンロード可!-


こんにちは高橋龍(ガオチャオロン)です。
今回は恒例の訪日動向と、イスラム圏のお話です。

上半期(1月-6月)の累計は前年同期比 28.2%増の1,171万4千人と、過去最高。
▶訪日外客数(2016 年 6 月推計値及び上半期推計値) - 日本政府観光局(JNTO)
※pdfファイルです。(1.4MB)

 

上半期の訪日客数は、
2015年1月:1,218,393人 2016年1月:1,851,895人 伸率:52.0%
2015年2月:1,386,982人 2016年2月:1,891,375人 伸率:36.4%
2015年3月:1,525,879人 2016年3月:2,009,549人 伸率:31.7%
2015年4月:1,764,691人 2016年4月:2,081,697人 伸率:18.0%
2015年5月:1,641,734人 2016年5月:1,893,600人 伸率:15.3%
2015年6月:1,602,198人 2016年6月:1,985,700人 伸率:23.9%
累計 2015年上半期:9,139,877人 2016年上半期:11,713,800人 伸率:28.2%

gurahu1

2016年の4月、5月は熊本地震の影響もあり、伸率が弱まったものの、
上半期の累計は1,171万4千人と、初めて半年で1,000万人を超え、過去最高。
(これまでの過去最高は2015年上半期の訪日外客数 914万人)
2016年6月は、これまで6月として過去最高だった2015年の160万2千人を約38万人上回り、前年同月比23.9%増の198万6千人と、順調に訪日客数が伸びています。

 

訪日外国人消費動向の変化

2015年の訪日外国人旅行消費額は2014年(2兆278億円)に比べ71.5%増の3兆4,771億円となり、
年間値で初めて3兆を突破しました。
▶【訪日外国人消費動向調査】平成27年(2015年)年間値(速報) - 日本政府観光局(JNTO)
※pdfファイルです。(1.1MB)

gurahu2

ですが、前回のインバウンド市場 第6回 – ピクトグラム DL – でお話したように、
「爆買い」で「モノ消費」を牽引していた中国人の消費動向が「モノ消費」から、「コト消費」へシフトしつつあり、2016年1〜3月期の中国人旅行者1人あたりの旅行支出は約26万5千円で、2015年同期比12%減とマイナスに転じています。
▶「爆買い」一服、ムスリム消費は堅調 - 日本経済新聞

 

今後の対策

中国人旅行客の旅行支出が下がる一方、イスラム圏の旅行支出は伸びていて、
2015年マレーシア旅行者による消費額は前年比で27%増、インドネシアは59%増。
2016年1〜3月期もマレーシアは前年同期比で43%増、インドネシアは57%増と、
着実に旅行支出が伸びています。

その為、今後は「爆買い」の中国人旅行客向け対策だけでなく、
イスラム圏旅行客向け対策として「ハラル」対策が自ずと必要になっています。
▶インバウンド市場第5回

先ずは手軽に対策できる「マレー語」と「インドネシア語」の店頭POPを、ご用意しましたので、是非活用下さい。

 

マレー語POP

pop01

pop02

インドネシア語POP

pop03

pop04

   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2020.07.15
インバウンド市場第18回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響②

こんにちは!白パンダです。 緊急事態宣言が解除されて少しづつ日常が戻ってきている中ですが、インバウンド市場はまだまだビフォアコロナとは程遠い状況が続いています。   ■ドラッグストア売り場は国内消費メインに 5 …

2020.04.17
インバウンド市場第17回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響

こんにちは!白パンダです。新型コロナウイルスが猛威を奮っている中、経済活動や生活に様々な影響が出てきていますが、当然インバウンド市場も大打撃を受けています。まさかこんな年になるとは・・・今回はインバウンドという視点から、 …

2020.01.17
インバウンド市場第16回 2020年はどうなる?

こんにちは。白パンダです!いよいよ2020年オリンピックイヤーですね!インバウンド的にも節目の年になりますが、まずは2019年を少し振り返りたいと思います。 観光局から発表がありました2019年11月の情報で見てみると、 …