2018.03.02.金

実践POPロジック[21]〜 ABCDEの「D」(1)


さあ、今日から新しい要素「D」へ入るPOP!!思わぬ長期連載になってしまったPOP…。
「D」は何だったか覚えていますか?そう、「Difference【差異】」でしたね。

これ、簡単なようでとても難しく、大事な要素なんです。買う側として考えると、同じような商品が並んでいる中で「これとこれ、何が違うの?」というのは一番知りたい情報なのですが、いざ売る側に立つと、売り手としても「何が違うんだろう???」と迷ってしまうことが少なくありません。
いくら商品を見比べても配合成分も値段も容量もまったく同じ、違うのはパッケージだけなんてこともあり得ます。
ワインやコスメのような嗜好品であれば、「このブランドが好き」「このシャトーが好き」というストーリー買いができるのですが、日用品や医薬品などの機能性重視商品に関しては違いがわからないと何を買えばいいのか途方にくれてしまいます。

しかし、各メーカーのマーケティング力・開発力が拮抗しており、中々明確な違いを生み出すのが難しくなってきているという事情もあります。
その「D」は、主に次の3つに分けられます。

   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2022.05.10
第10回 POPのABCDE(1)Authority(威光)

前回はPOPが行える情報提供には5つの役割がある、その頭文字はABCDEだということをお伝えしました。今回は、その最初にあたる「A」の「Authority(威光)」についてお話します。威光というと聞き慣れないかもしれませ …

2022.04.13
第9回 接客のPOPへの落とし込み方 情報提供(1)

今回は、接客からPOPに落とし込める要素のうち、3つ目の「情報提供」について考えていきます。情報提供は特にPOPが得意としている機能ですが「何をどう伝えるか」は非常に重要なポイントとなります。来店者が売場で商品を手に取る …

2022.03.11
第8回 接客のPOPへの落とし込み方 立体感(2)

前回はリアル接客における立体感の重要性についてお話しました。今回は、その立体感をどうしたらPOPに転用できるかを考えていきます。まず平面と立体の違いを認識します。端的に言うと2次元と3次元の違いです。モニターで見るweb …