2017.09.04.月

実践POPロジック[15]〜 ABCDEの「B」(5)


 いよいよ最後の「B」である、4つ目に突入POP!!
その名も「お得」。そのまんまやんけ!!!って思った人、正解です。そう、そのまんまなのです。

結局のところ、人の心を動かす最大のポイントは、「お得かどうか」に行き着くのです。
むしろ、あまり自分に必要ないものでも「お得」という魔力に時として人は抗えず、衝動買いをしてしまうのです。
ついワタシも最近、AmazonのFireタブレットが「通常8,000円のところなんと4,000円!50%OFF!!」というバナー広告に飛びついてしまい、「これは今買わないとお得を逃す!!」となぞの焦燥感にかられ、ついついポチってしまいました。しかし、よく考えたらタブレットなんて買っても何に使えばいいのか・・・全くわかりません。届いてから後悔しました。今は、「Fireタブレットの効果的な使い方」を日々模索しているところです。。。
 このように、もしその商品に「お得なポイント」があるのであれば、ウンチクを語るのと別に、とにかくお得なポイントを思いっきり訴求することで、圧倒的なアイキャッチを作れます。そして、お得の伝え方として次の3つがあります。

 


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2022.06.10
【番外編】 AIロボットと人の共同接客の未来

こんにちは。本日は、ちょうどタイムリーなニュースが入ったので一旦本編を外れて番外編とさせていただきます。日本経済新聞 2022年5月9日の記事です。未熟な接客ロボ、人が補う サイバー・阪大が100体実験https://w …

2022.05.10
第10回 POPのABCDE(1)Authority(威光)

前回はPOPが行える情報提供には5つの役割がある、その頭文字はABCDEだということをお伝えしました。今回は、その最初にあたる「A」の「Authority(威光)」についてお話します。威光というと聞き慣れないかもしれませ …

2022.04.13
第9回 接客のPOPへの落とし込み方 情報提供(1)

今回は、接客からPOPに落とし込める要素のうち、3つ目の「情報提供」について考えていきます。情報提供は特にPOPが得意としている機能ですが「何をどう伝えるか」は非常に重要なポイントとなります。来店者が売場で商品を手に取る …