2017.09.04.月

実践POPロジック[15]〜 ABCDEの「B」(5)


 いよいよ最後の「B」である、4つ目に突入POP!!
その名も「お得」。そのまんまやんけ!!!って思った人、正解です。そう、そのまんまなのです。

結局のところ、人の心を動かす最大のポイントは、「お得かどうか」に行き着くのです。
むしろ、あまり自分に必要ないものでも「お得」という魔力に時として人は抗えず、衝動買いをしてしまうのです。
ついワタシも最近、AmazonのFireタブレットが「通常8,000円のところなんと4,000円!50%OFF!!」というバナー広告に飛びついてしまい、「これは今買わないとお得を逃す!!」となぞの焦燥感にかられ、ついついポチってしまいました。しかし、よく考えたらタブレットなんて買っても何に使えばいいのか・・・全くわかりません。届いてから後悔しました。今は、「Fireタブレットの効果的な使い方」を日々模索しているところです。。。
 このように、もしその商品に「お得なポイント」があるのであれば、ウンチクを語るのと別に、とにかくお得なポイントを思いっきり訴求することで、圧倒的なアイキャッチを作れます。そして、お得の伝え方として次の3つがあります。

 


   

こちらの関連記事もオススメです。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2021.11.10
第4回 画像優位性効果とシミュラクラ現象

今回は、POPを制作する上で重要なふたつの事実をお伝えします。それは「画像優位性効果」と「シミュラクラ現象」です。   ■画像優位性効果とは? 人間は文字や言葉よりも画像を含んだ情報の方が理解度が高く、また記憶 …

2021.10.14
第3回 リアル接客の本質

前回のエントリを書いた後、少し考えていました。前回は人によるリアル接客の要素を「音声」「立体的」「情報提供」「インタラクティブ」「半強制的」の5要素にまとめたのですが、これは実はすべてインターネットでも代替できるのでは? …

2021.09.08
第2回 接客を分解してPOPに落とし込もう

前回は、「POPは店員さんの分身」「接客を自動化するツール」ということを述べました。今回はその先を少し深堀りし、「そもそも接客とはなにか?」「接客をPOPにするってどうすればいいのか?」ということを考えていきたいと思いま …