2017.10.03.火

実践POPロジック[16]〜 ABCDEの「C」(1)


さて、今回からようやくPOPのABCDEの3つ目「C」に入ります!
「C」って何だったか覚えてる人〜?忘れた〜!って人は、「実践POPロジック⑥〜 POPの「ABCDE」を今すぐ復習するPOP!

はい、そうです、「C」は「Comment」、つまり「コメント(解説)」でしたね。
実際のところ、見渡してみると売場にあるPOPのほとんどはこの「C」のPOPにあたることがよくわかると思います。
特にドラッグストア向けの医薬品や化粧品、サプリメントなどは商品自体の説明を詳しく行わないと
何に使うものなのか、どういった効果があるのかがわからないことが多いので、どうしても説明が多くなってしまいます。

ですので、何も考えずに商品POPを作ると自然とこの「C」っぽい内容に偏ってしまうのです。
もちろん商品を理解してもらうために「C」のPOPは必要なのですが、商品の説明だけで売れるわけではないので、
売場が「C」だらけにならないように気をつけることもポイントとなります。

 

そしてその「C」には、次の4種類があります。


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2022.06.10
【番外編】 AIロボットと人の共同接客の未来

こんにちは。本日は、ちょうどタイムリーなニュースが入ったので一旦本編を外れて番外編とさせていただきます。日本経済新聞 2022年5月9日の記事です。未熟な接客ロボ、人が補う サイバー・阪大が100体実験https://w …

2022.05.10
第10回 POPのABCDE(1)Authority(威光)

前回はPOPが行える情報提供には5つの役割がある、その頭文字はABCDEだということをお伝えしました。今回は、その最初にあたる「A」の「Authority(威光)」についてお話します。威光というと聞き慣れないかもしれませ …

2022.04.13
第9回 接客のPOPへの落とし込み方 情報提供(1)

今回は、接客からPOPに落とし込める要素のうち、3つ目の「情報提供」について考えていきます。情報提供は特にPOPが得意としている機能ですが「何をどう伝えるか」は非常に重要なポイントとなります。来店者が売場で商品を手に取る …