2017.11.03.金

実践POPロジック[17]〜 ABCDEの「C」(2)


前回から「C」に入りました。
「C」には①エレメント ②用途 ③概念 ④ストーリーの4つがありましたが、今日はひとつめの①エレメントについて詳しく述べるPOP!

「エレメント」とは、「商品を構成する要素」についての「コメント」という意味です。

たとえば、
A)「コスパ抜群のモバイルPC」
B)「コスパ抜群のモバイルPC、完全国産品」
C)「コスパ抜群のモバイルPC、中国製」
という3種類のキャッチコピーのうち、どれが一番良さそうに感じるでしょうか。

パソコンという精密機器においてはまだまだ日本製部品の品質は高いため、だいたいの人が「Bが良さそうだな」と感じると思います。
「このパソコンは日本製」という商品を構成する要素の簡単な説明を加えただけで、一気に説得力が増すことが分かりますよね。これはエレメントの中でも「産地」にあたります。

他にもいくつかよく用いるエレメントがあり、まとめると次の3種類となります。


   

こちらの関連記事もオススメです。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2021.11.10
第4回 画像優位性効果とシミュラクラ現象

今回は、POPを制作する上で重要なふたつの事実をお伝えします。それは「画像優位性効果」と「シミュラクラ現象」です。   ■画像優位性効果とは? 人間は文字や言葉よりも画像を含んだ情報の方が理解度が高く、また記憶 …

2021.10.14
第3回 リアル接客の本質

前回のエントリを書いた後、少し考えていました。前回は人によるリアル接客の要素を「音声」「立体的」「情報提供」「インタラクティブ」「半強制的」の5要素にまとめたのですが、これは実はすべてインターネットでも代替できるのでは? …

2021.09.08
第2回 接客を分解してPOPに落とし込もう

前回は、「POPは店員さんの分身」「接客を自動化するツール」ということを述べました。今回はその先を少し深堀りし、「そもそも接客とはなにか?」「接客をPOPにするってどうすればいいのか?」ということを考えていきたいと思いま …