2017.12.04.月

実践POPロジック[18]〜 ABCDEの「C」(3)


 今回は、「C」の2つめ、「用途」に突入POP!!
「用途」とは文字通り使い方のことなんですけど、「使い方がわからないものを店に置くなよ」と思ってる方いませんか??普段目的のものしか買わない人はあまり気づかないかもしれませんが、新技術や新概念の集積場でもあるドラッグストアには「え?これ何?」「どうやって使うの?」という商品がたくさんあるのです!普段自分が買わない商品エリアをよく見てみてください。「え?何?」という商品にたくさん出会えるはずです!
 さて、「用途」には①誰向けの何 ②使用方法の2種類があります。

 


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2021.10.14
第3回 リアル接客の本質

前回のエントリを書いた後、少し考えていました。前回は人によるリアル接客の要素を「音声」「立体的」「情報提供」「インタラクティブ」「半強制的」の5要素にまとめたのですが、これは実はすべてインターネットでも代替できるのでは? …

2021.09.08
第2回 接客を分解してPOPに落とし込もう

前回は、「POPは店員さんの分身」「接客を自動化するツール」ということを述べました。今回はその先を少し深堀りし、「そもそも接客とはなにか?」「接客をPOPにするってどうすればいいのか?」ということを考えていきたいと思いま …

2021.08.11
第1回 POPとはなにか?

このコーナーでは、POPをマーケティング的視点から解説していきます。第1回はまず、基本中の基本として「POPとはなにか?」を考えていきたいと思います。そもそも、「POP」はなんの略語かご存知でしょうか?答えは「Point …