2017.12.26.火

実践POPロジック[19]〜 ABCDEの「C」(4)


 もう年末POP!!!思い起こせば、2016年の12月からこの「ABCDE」がスタートしたのに、1年かけても「C」の途中までしか終わらなかったPOP・・・。月刊だからまだしも、週刊でストーリーマンガを描いている漫画家のみなさま、鬼リスペクトな2017年でした。
 さて今回は引き続き「C」POP!Cの中でも店頭で最も多く見かける「概念」について解説するPOP!メーカーさんは「差別化」のために日々研究開発に投資を行い、新しい技術や効果効能を創り出す不断の努力を行っており、その結果として店頭の商品には「新技術」「独自開発」「世界初」などのキャッチコピーが華々しく飾られています。しかしここで気をつけなければいけないのは、よほどの商品マニアか関係者でもない限り、ごく一般の生活者は難しい技術や成分のことには興味がありません。「B」でも述べましたが、「結局何をしてくれるの?」というベネフィットとセットで述べなければただの自慢話で終わってしまいます。この点は要注意ポイントです。
 「概念」には次の3種類があります。

①新概念・新技術

 メーカーさんが独自に開発した技術や、新しく考えた概念を指します。新しいだけあって「誰も知らない」ので、単に言葉のインパクトだけでなく、何が起こるのかの丁寧な説明も必須となります。

 


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2022.11.09
第14回 POPのABCDE(4)Difference(違い)(2)

今回は引き続きDifferenceについてお話します。同じような商品がひしめく定番棚において、どうしたら違いをわかりやすく伝えられるか。ここは消費者目線で考えてみます。ドラッグストアになんの目的もなくふらっと立ち寄ること …

2022.10.11
第13回 POPのABCDE(4)Difference(違い)(1)

前回に引き続きPOPのABCDEについて説明していきます。今回は4つめの「Difference」についてです。「ひとつのカテゴリに付き1商品しか取り扱わない」というこだわりのセレクトショップでもない限り、棚にはどうしても …

2022.09.13
第12回 POPのABCDE(3)Contents(中身)

前回に引き続きPOPのABCDEについて説明していきます。今回は3つめの「Contents」についてです。カタカナの「コンテンツ」という言葉はもはや一般化してますので、なんとなく意味がわかる方も多いと思いますが、簡単に言 …