2017.12.26.火

実践POPロジック[19]〜 ABCDEの「C」(4)


 もう年末POP!!!思い起こせば、2016年の12月からこの「ABCDE」がスタートしたのに、1年かけても「C」の途中までしか終わらなかったPOP・・・。月刊だからまだしも、週刊でストーリーマンガを描いている漫画家のみなさま、鬼リスペクトな2017年でした。
 さて今回は引き続き「C」POP!Cの中でも店頭で最も多く見かける「概念」について解説するPOP!メーカーさんは「差別化」のために日々研究開発に投資を行い、新しい技術や効果効能を創り出す不断の努力を行っており、その結果として店頭の商品には「新技術」「独自開発」「世界初」などのキャッチコピーが華々しく飾られています。しかしここで気をつけなければいけないのは、よほどの商品マニアか関係者でもない限り、ごく一般の生活者は難しい技術や成分のことには興味がありません。「B」でも述べましたが、「結局何をしてくれるの?」というベネフィットとセットで述べなければただの自慢話で終わってしまいます。この点は要注意ポイントです。
 「概念」には次の3種類があります。

①新概念・新技術

 メーカーさんが独自に開発した技術や、新しく考えた概念を指します。新しいだけあって「誰も知らない」ので、単に言葉のインパクトだけでなく、何が起こるのかの丁寧な説明も必須となります。

 


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2021.10.14
第3回 リアル接客の本質

前回のエントリを書いた後、少し考えていました。前回は人によるリアル接客の要素を「音声」「立体的」「情報提供」「インタラクティブ」「半強制的」の5要素にまとめたのですが、これは実はすべてインターネットでも代替できるのでは? …

2021.09.08
第2回 接客を分解してPOPに落とし込もう

前回は、「POPは店員さんの分身」「接客を自動化するツール」ということを述べました。今回はその先を少し深堀りし、「そもそも接客とはなにか?」「接客をPOPにするってどうすればいいのか?」ということを考えていきたいと思いま …

2021.08.11
第1回 POPとはなにか?

このコーナーでは、POPをマーケティング的視点から解説していきます。第1回はまず、基本中の基本として「POPとはなにか?」を考えていきたいと思います。そもそも、「POP」はなんの略語かご存知でしょうか?答えは「Point …