2017.08.02.水

実践POPロジック[14]〜 ABCDEの「B」(4)


 さあ今回は「B(ベネフィット)」の3つ目、「効率アップ」に突入します!
結構長く続けてるんですが、まだABCDEのBとは・・・我ながら先が長いですネ…。急がば回れPOP!!

「効率アップ」は呼んで字のごとくなのですが、「使うことで今の人生がさらに効率よくなる」という壮大なベネフィットでもあります。
たとえばワタシが毎日着ているレオタードは、今すべてクリーニングに出しています。元々自分で洗濯していたのですが、週末に一週間分をまとめて洗濯し、部屋干しして乾いてからアイロンがけ、という手間がかなり大変だったのと、なかなか乾かず部屋干しのニオイが臭かったのと、アイロンは手間の割にキレイに伸びないという時間とクオリティの問題があり、「下手に自分でやるよりプロに任せよう」と思い立って全部クリーニングに切り替えました。

 実際この決断によってかなり人生の効率は上がったのですが、人は贅沢なもので、新たな不便さが出てきてしまいました。家の近くとはいえ、持っていって現金で払い、また忘れずに取りに行くのが面倒になってくるんですよねえ。。。とはいえ家の洗濯機で洗うのはもうイヤなので、もっとハイテクな、「ハンガーにかけてプレスするだけでドライクリーニング&アイロンがけが3分で完了!」なんて夢のガジェットが開発されないかなあなんて思っている今日このごろPOP・・・

 

 横道にそれたPOP!つまり、元々のワタシには「自分で洗濯、効率悪くないですか?」「プロに任せて週末ゆったり!」という「効率アップベネフィット」が刺さってクリーニングへの決断がなされました。
そして今は、「あっ、クリーニング獲りに行くの忘れてた・・・」「クリーニングクオリティが水なしで自宅でも!わずか1着3分!」というベネフィットが刺さります。
これは、「クオリティは落としたくないけど時間が拘束されるのはイヤ」という「時間効率」に対するベネフィットにあたります。

このように、効率アップベネフィットには、①時間効率アップ ②不便解消の2パターンがあります。


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2022.05.10
第10回 POPのABCDE(1)Authority(威光)

前回はPOPが行える情報提供には5つの役割がある、その頭文字はABCDEだということをお伝えしました。今回は、その最初にあたる「A」の「Authority(威光)」についてお話します。威光というと聞き慣れないかもしれませ …

2022.04.13
第9回 接客のPOPへの落とし込み方 情報提供(1)

今回は、接客からPOPに落とし込める要素のうち、3つ目の「情報提供」について考えていきます。情報提供は特にPOPが得意としている機能ですが「何をどう伝えるか」は非常に重要なポイントとなります。来店者が売場で商品を手に取る …

2022.03.11
第8回 接客のPOPへの落とし込み方 立体感(2)

前回はリアル接客における立体感の重要性についてお話しました。今回は、その立体感をどうしたらPOPに転用できるかを考えていきます。まず平面と立体の違いを認識します。端的に言うと2次元と3次元の違いです。モニターで見るweb …