2018.02.28.水

インバウンド市場第13回


こんにちは。白パンダです。
中国の春節による大型連休が2月15日から始まり、春節まっただなかですね!
今年はいったい何が売れたのか、動向は一体、と気になるところですが、またまとめをすることにして、2017年の訪日客動向まとめに触れたいと思います。

2017年の訪日外客数は2,869万人。韓国とロシアに注目。

2016年の訪日外客数は2,404万人でしたが、2017年がどうだったかというと前年比19.3%増の2,869万人(日本政府観光局(JNTO)より)となりました。
ここ3年間毎年400万人ペースで伸びているので、このままいけば2018年には3,200万人、2019年3,600万人、そしてオリンピックイヤーの2020年には、4,000万人と、政府目標の達成に届く計算になります。

2017年のポイントをいくつかまとめると
①韓国が全体の4分の1に。
②伸び率トップはロシア。
③中国は後半に伸びが集中。

それぞれ細かく見ていきます。




   

こちらの関連記事もオススメです。

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2020.10.16
インバウンド市場第19回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響③

こんにちは!白パンダです。 10月1日から東京もGOTOトラベルの対象に追加され、GOTOイートも順次開始されるなど、これまでより外に出るようになったという人も多いのではないでしょうか。 観光資源の国内消費が進む中ではあ …

2020.07.15
インバウンド市場第18回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響②

こんにちは!白パンダです。 緊急事態宣言が解除されて少しづつ日常が戻ってきている中ですが、インバウンド市場はまだまだビフォアコロナとは程遠い状況が続いています。   ■ドラッグストア売り場は国内消費メインに 5 …

2020.04.17
インバウンド市場第17回 インバウンドにおける新型ウイルスの影響

こんにちは!白パンダです。新型コロナウイルスが猛威を奮っている中、経済活動や生活に様々な影響が出てきていますが、当然インバウンド市場も大打撃を受けています。まさかこんな年になるとは・・・今回はインバウンドという視点から、 …