2019.10.21.月

11月の“PICK UP販促テーマ”


専門誌「ダイヤモンド・ドラッグストア」に寄稿中の“PickUp販促テーマ”が、てんとうむしでも連載開始です!
11月のテーマは“増税後対策”。売り場づくりの参考にしてください!
top_banner


今秋最大のイベントといっても過言ではない「消費増税」。
それによって引き起こされる「増税後の買い控え」が懸念されている。
むしろ9月までは「増税前にまとめ買いを!」といったキャンペーンもしきりに行われるとみられ、
10月以降にいたってはなおさら消費者の財布の紐が固くなってしまっていることと思われる。

 通常品を増税前に買いだめしてしまっている消費者も多いと予想されるため、
増税後にはプラスアルファアイテムへの売場での購買動機づけがより重要になってくる。
そこで提案したいのが「フェイスマスク使い分けコーナー」。

 フェイスマスク市場は堅調に伸びているものの、「日常的には使っていない」「そもそもフェイスマスクを使ったことがない」という生活者がまだまだ多数派である。「朝マスク」をはじめ、フェイスマスクを使い分けながら日常の習慣に取り入れる提案を行い、新たな購買を創出する。
とはいえ、フェイスマスクをたまにしか使わない、もしくはフェイスマスク未使用ユーザーはフェイスマスク売場にそもそも立ち入るケースが少ないため、
基礎化粧品や洗顔、クレンジングなどのサイドネットでコーナーを展開し、ターゲットの動線に組み入れてしまうことが効果的だ。

uriba_nov

>> ダイヤモンド・ドラッグストアのサイトを見る

bottom_banner

   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2019.11.18
12月の“PICK UP販促テーマ”

12月といえば、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症が猛威を奮う季節。誰しもが避けて通りたい悩みではあるが、とくに注意が必要なのが受験生を持つ家庭だ。なかでも大学受験生はセンター試験の1ヶ月前の追い込みのタイミングと …