2019.05.29.水

祝!200回記念!! 森子先生に直撃インタビュー!


2015年から連載中の「ななほし★ドラッグ日報」も、既に連載は215回に達し、単行本第2巻が発表となりました。
今日は、作者の森子・F・森夫先生の“第2巻出版記念パーティ”にお邪魔し、インタビューをさせていただくことができました!普段は謎に包まれた森子先生の秘密に迫りたいと思います!

巻末にはプレゼントもご用意!是非応募してみてくださいね。

 

<直撃インタビュー!>

編集部(以下、編):本日は、第2巻の記念パーティということで、まずはおめでとうございます!本当に豪華なパーティで、まるで披露宴ですね!

森子・F・森夫(以下、森):ありがとうございます!今日は私が主役ということなので、ほんのちょっとだけ気合が入っているのは事実ですけど、でも普段もこんな感じですよ!

DSC_3858

編:このたび発表になった第2巻は第101話~200話を収録とのことですが、これは丸々二年間分の連載ということになります。先生にとって一番のモチベーションと言ったら何になりますでしょうか?

森:読者の声でしょうね!正直なところ何も聞こえてこないので、聞こえるまでがんばろうと思っています…そこにいるんだろ!?なぁ!?

編:先生、のっけから取り乱さないで…ハイハイ落ち着いてくださいね。
平気で何年も連載を休んでしまう漫画家さんもいる中で、GWや年末年始も毎週ずっと欠かさずに連載していると様々なご苦労もあるでしょうが、連載を続ける上で「一番困った/悩んだこと」を挙げるとしたらどんなものでしょうか?

森:やはりネタ切れでしょうか。編集の方に相談したら、翌週には編集部の方がアルバイト先のドラッグストアを決めてくれていたのは驚きましたね!
  あれ?そういえばあの時のバイト代は「のちほど編集部経由で」って話だったけど…

nanahoshi

編:まま、それは置いといて…。第2巻の中で、先生がお気に入りのキャラクターやエピソードは どれになりますか?

森:第2巻でのキャラクターとなると、小畠でしょうか。179話での天然な小畠は彼女の魅力が出ていてお気に入りです。

編:特にリスペクトしている漫画家さんはいますか?

森: 言うまでもなく、藤子・F・不二雄先生ですね。なぜなら~~(以下2時間に渡って熱く語っていただきました)~~

DSC_3881

編:確かに、第2巻の表紙デザインなどからもリスペクトが迸っていますね。
編集部としても炎上しないか怖いくらい 普段から森子先生の、藤子F先生へ畏敬の念をひしひしと感じております!!だから怒らないで!

編:今後 予定している展開を、ちょっとだけ教えてもらえませんか?

森:突然魔王に拐われたよし子を助けるため、アツシが異世界に旅立ちます。お店は大きな変化もなく日常のとおりですけど。

編:最後に、読者へのメッセージを一言いただけますか?

森:次回、「ななほし★ドラッグ」最終回!おたのしみに!!

編:(そんなことさせまありませんよ!)

DSC_3878

 

 200回を記念して、冊子版をプレゼント!!

 連載200回を記念して、抽選で20名様に 特別プレゼントをご用意しました!

DSC_4066

101話~200話分が収録された単行本に、森子先生のサイン付き!
他では絶対に手に入らない、今回の特別企画プレゼントになります。
「森子・F・森夫 先生の作品が読めるのは、てんとうむしwebだけ!」

下記のフォームより、森子先生へのメッセージとともに
連絡用のメールアドレスを入力して、お気軽にご応募ください!
(抽選結果は、当選の連絡をもって発表とさせていただきます)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

森子・F・森夫 先生へのメッセージ

   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2019.05.29
てんとうむし4周年アニバーサリー!

「ファミマとサークルKサンクスの経営統合」や「オリンピックエンブレム問題」、そして「スタバ鳥取に進出」とビッグニュースが世を駆け回っていた2015年の5月、てんとうむしwebはひっそりと産声を上げました。 それが今日、読 …

2019.05.29
販促用店内アナウンス作成アプリ「フレーズミキサー」の使い方

「店内で、お店独自のアナウンスを流したい!」「だけど声優さんみたいに良い声なスタッフなんていないし…」そんなお悩みにお応えする、てんとうむしwebの新サービスが登場! 販促用店内アナウンス作成アプリ、その名も …

2018.11.16
皆様に感謝!累計1,000記事を突破しました!

2015年の1月より、地道に更新を続けてまいりました「てんとうむしweb」。足かけ4年を目前に、累計記事が1,000記事を突破いたしました。 これも皆様のご愛読や情報提供のおかげです。 本当にありがとうございます!!! …