2018.05.04.金

実践POPロジック[22]〜 ABCDEの「D」(3)


さて、今回から「D」に入っていくPOP!まずは4つの「D」のトップバッター、「①優位性」から始めるPOP!
「優位性」をわかりやすく言うと「差別化ポイント」のことPOP。

消費者がその情報を聞いた時に「明らかに他と違ういい点」と認識できる情報を指します。
たとえば、皆さんご存知「吸引力の変わらないただひとつの掃除機」でお馴染みダイソン。掃除機は吸引力が落ちてしまうと使い物になりませんから、「吸引力の変わらない」「ただひとつ」と言われると確実に他社製品よりも良さそうに思えますよね。
また、「歯科医が薦める歯ブラシ」これも良さそうですよね。お医者さんが薦めるなら間違いない気がします。
「アットコスメランキングNo.1!」これも迷った時に強力なワードですね。


このように「優位性」には大きく分けると3つあります。




   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2021.10.14
第3回 リアル接客の本質

前回のエントリを書いた後、少し考えていました。前回は人によるリアル接客の要素を「音声」「立体的」「情報提供」「インタラクティブ」「半強制的」の5要素にまとめたのですが、これは実はすべてインターネットでも代替できるのでは? …

2021.09.08
第2回 接客を分解してPOPに落とし込もう

前回は、「POPは店員さんの分身」「接客を自動化するツール」ということを述べました。今回はその先を少し深堀りし、「そもそも接客とはなにか?」「接客をPOPにするってどうすればいいのか?」ということを考えていきたいと思いま …

2021.08.11
第1回 POPとはなにか?

このコーナーでは、POPをマーケティング的視点から解説していきます。第1回はまず、基本中の基本として「POPとはなにか?」を考えていきたいと思います。そもそも、「POP」はなんの略語かご存知でしょうか?答えは「Point …