2018.04.02.月

実践POPロジック[21]〜 ABCDEの「D」(2)


  今年もスギ花粉POP (詳しくは実践POPロジック⑩)!!この季節は毎年ユーウツなのですが、特に今年はここ数年で一番の出来。すばらしく強力なスギ花粉に悩まさせているPOP…。
ちょっと話はそれますが、商品には「嗜好性」と「機能性」の2軸があると思うPOP。嗜好性の高い・低いが縦軸だとしたら、機能性の高い・低いが横軸。この4象限のどの位置に商品が属するかによって、マーケティング手法が異なってくるPOP。今回は、具体的な「D」に入る前に「差別化の罠」について語るPOP!!

image01


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2022.06.10
【番外編】 AIロボットと人の共同接客の未来

こんにちは。本日は、ちょうどタイムリーなニュースが入ったので一旦本編を外れて番外編とさせていただきます。日本経済新聞 2022年5月9日の記事です。未熟な接客ロボ、人が補う サイバー・阪大が100体実験https://w …

2022.05.10
第10回 POPのABCDE(1)Authority(威光)

前回はPOPが行える情報提供には5つの役割がある、その頭文字はABCDEだということをお伝えしました。今回は、その最初にあたる「A」の「Authority(威光)」についてお話します。威光というと聞き慣れないかもしれませ …

2022.04.13
第9回 接客のPOPへの落とし込み方 情報提供(1)

今回は、接客からPOPに落とし込める要素のうち、3つ目の「情報提供」について考えていきます。情報提供は特にPOPが得意としている機能ですが「何をどう伝えるか」は非常に重要なポイントとなります。来店者が売場で商品を手に取る …