2017.01.24.火

実践POPロジック⑧〜 ABCDEの「A」(2)


 あけましておめでPOP!!あっという間に一年…!はやいPOP。。。時の流れに負けないように、さっそくスピードを上げて行くPOP!今回は前回に引き続きABCDEの「A」について掘り下げていきます。

A-2 注意喚起

 前回は「Attention」の「A」の6種類のうち、最初の「叫び」についてやりました。今回は「A-2 注意喚起」について述べます。これは読んでそのまま、「注意を促す」という役割になります。同じことを伝えるとしても、より注目して欲しい場合に使います。例えば次の文章を読んだ時、どちらに関心が行くでしょうか。

 例)
 ①あなたも要注意!成人の歯周病率は約8割です。
 ②甘く見ないでください!歯周病を放置すると命に関わります。

 いずれも歯周病に関する事実を述べているだけですが、圧倒的に②が気になりますよね。「歯周病」というキーワードはだいたいの人が聞いたことがあると思いますが、初期は自覚症状がないため、「あなたも歯周病ですよ!」と言われても特に今困ってなければ「ふーんそうなんだ」と聞き流してしまう人が多いと思います。そこで「ナメないで。死にますよ」と言われると初めて「エッ?」てなる。かなり強烈な例ですが、これが注意喚起のテクニックです。


   

コメントはお気軽にどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

2022.05.10
第10回 POPのABCDE(1)Authority(威光)

前回はPOPが行える情報提供には5つの役割がある、その頭文字はABCDEだということをお伝えしました。今回は、その最初にあたる「A」の「Authority(威光)」についてお話します。威光というと聞き慣れないかもしれませ …

2022.04.13
第9回 接客のPOPへの落とし込み方 情報提供(1)

今回は、接客からPOPに落とし込める要素のうち、3つ目の「情報提供」について考えていきます。情報提供は特にPOPが得意としている機能ですが「何をどう伝えるか」は非常に重要なポイントとなります。来店者が売場で商品を手に取る …

2022.03.11
第8回 接客のPOPへの落とし込み方 立体感(2)

前回はリアル接客における立体感の重要性についてお話しました。今回は、その立体感をどうしたらPOPに転用できるかを考えていきます。まず平面と立体の違いを認識します。端的に言うと2次元と3次元の違いです。モニターで見るweb …