当帰湯

読み:とうきとう
分類:漢方薬

胸痛や胸背痛、腹痛、肋骨神経痛などに用いられる漢方薬。
体力があまりなく、冷え性で顔色が悪い人に向いている。
当帰・半夏・芍薬・厚朴・桂皮・人参・乾姜・黄耆・山椒・甘草の10種の生薬を用い、体を温め、痛みを和らげる効果がある。
中国唐代の代表的医書「千金方」に収載されている漢方薬。