デング熱

読み:でんぐねつ
分類:疾患名

ネッタイシマカやヒトスジシマカといった蚊によって媒介されるデングウイルスの感染症のこと。
3〜7日程度の潜伏期間の後、発熱や頭痛、筋肉痛、関節痛、発疹、嘔吐などの症状が見られる。
大半は重症化しないが、まれに重症化してデング出血熱、デングショック症候群を発症することもある。
常在するのは東南アジアや南アジア、中南米などの国々だが、高温の季節に日本で流行したこともある。
※2022年現在