老眼

読み:ろうがん
分類:疾患名

加齢により目の水晶体の弾力が弱まり、近くのものに焦点をあわせることに時間がかかる、またできなくなる症状のこと。
ただし、病気ではなく生理現象のひとつで、誰にでも起こる老化現象である。
一般的に40歳を過ぎる頃から老眼に気づくが、エイジングに伴う水晶体の老化は15歳くらいから始まっていると言われる。
よく聞かれる「近視の人は老眼にならない」「老眼鏡を使うと老眼の進行が早まる」は根拠のない誤った認識である。



modoru

こちらの関連記事もオススメです。