桂枝湯

読み:けいしとう
分類:漢方薬

頭痛や寒気、微熱、はきけなど、かぜの中期から後期の症状、胃腸炎などに用いられる漢方薬。
小柴胡湯と桂枝湯を半分ずつ合方したもの。体力虚弱で胃腸が弱い人に向いている。
桂皮・芍薬・大棗・甘草・生姜の5種の生薬が合わさったもので、体の熱や炎症を沈めながら、
胃腸を元気にする効果がある。漢方の古典といわれる「傷寒論」「金匱要略」に収載されている漢方薬


modoru

こちらの関連記事もオススメです。