胃潰瘍

読み:いかいよう
分類:疾患名

潰瘍とは「ただれる」という意味で、胃壁に潰瘍ができる疾患のこと。
消化作用が重要因子となる消化性潰瘍のひとつ。
症状は、上腹部のみぞおち周辺の痛みや胸焼け、げっぷ、黒い便や貧血。
原因としては、ピロリ菌の感染、ストレス、喫煙や飲酒、刺激の強い飲食物の摂取などと考えられている。
潜在的な患者数は人口比で1%、日本には100万人以上いるとも言われる。
40歳以上の男性に多く見られる。
※2022年現在

こちらの関連記事もオススメです。